« 暴露の時代〜佐村河内氏のゴーストライター騒動に思う | トップページ | 【動画追加】ソチオリンピック 髙橋大輔選手 »

2014年3月 3日 (月)

ソチオリンピック フィギュアスケート雑感

ソチオリンピックが終わって1週間程経ちますが、まだ、オリンピックの余韻が残っています。
特に好きなフィギュアスケートについては、いくつか感じた事、見えたものについて、私なりの記録を残しておこうかな?、と思います。

いろいろなフィギュアファンのブロガーさんが、動画やニュース、採点の分析などをして、ブログをUPして下さっているので、私は思いっきり主観的な好みや、エネルギー的に感じたもの、見えたものを中心に。

採点については長年フィギュアファンをやっていて、ずっと採点のプロトコルを見てきているけれど、今回も「またか。。。」と、ため息をつきたくなるような採点も多かった。
具体的にあれこれ書くと長くなるし、どう感じるかは、やはり主観的になってしまうと思うので、あえて書きませんが。。。。

相変わらず、選手の順位付けの調整に使われているGOE(技の出来栄え点)、PCS(演技構成点)、同じように見えるジャンプの回転でも、選手によって回転不足を取ったり取らなかったり、試合によっても取ったり取らなかったり。。。。
急に得点が高騰する選手、押さえられる選手がはっきりと見えてしまって、「オリンピックって、やはり、国と国の威信の張合い、代理戦争、ビジネスや利権の思惑が蠢いているんだな」と、今回も透けて見えてしまいました。

でも、その中で精一杯の演技を披露し、私達に感動を届けてくれた選手達の尊い努力、勇気には心から尊敬し感謝します。

4年に一回のアスリートに取っては最高の舞台。
でも、大きな舞台だからこそ、裏に汚れている思惑が見え隠れして透けて見えてしまうのもオリンピック。
冬のオリンピックは夏のオリンピックに比べると、採点競技が多いので、余計にそう見えるんでしょうね。
冬のオリンピックでも単純にタイムや距離を競う競技は爽やかな気分で見る事が出来ます。

フィギュアスケートを長年見てきて、採点についてはげんなりする事もあり、「じゃあ、見なければ良いじゃないか」と、思う事もあるんですが(実際、それで離れていた時期が数年間ある)、やっぱり好きなんですね〜、フィギュアの試合が。
選手達が試合の緊張感の中で素晴らしい演技を披露してくれた時が、美しいものを見る事がshine

前置きが長くなっててしまったけれど、私が今回男女シングルで、ほんっとうに感動した選手達についてheart02shine(特に感動した大好きな髙橋大輔選手と、浅田真央選手については、また別に書きます)。

男子シングルで感動したのは、なんと言っても髙橋大輔選手だけれど、もう一人、私の涙腺を刺激する感動の演技を見せてくれた選手はジェレミー・アボット選手(元々ファンだったけれどもhappy01)
SPの4回転の派手な転倒もあり出遅れ、フリーで自己ベストを出して巻き返したけれど、結果は総合12位。

でも、私には表彰台に登った3人のメダリストの演技より感動したし、印象に強く残っています。

SPで最初の4回転で脇腹を打つ派手な転倒。

10数秒位立ち上がれず、でも何とか立ち上がり、演技を続行。


その後は、音楽に遅れていたのにも関わらず、全ての要素を抜かすことなく演技をしてくれました!


アボット選手は長い手足を生かした優雅で小粋、繊細な音楽表現や、深いエッジワークを見せてくれるステップなどで、元々好きな選手でしたが、この日、彼が見せてくれたアスリート魂、最後まで諦めない姿に感動しました。

そして、次の日のフリーのエクソジェネシス交響曲は痛む脇腹の事を考慮してか4回転を外した構成で、ノーミスの神がかった渾身の演技。
この曲はアボット選手に似合いすぎて、後半に向けて音楽がどんどん高まって行く辺りでいつもじーんweepと来ていたんだけれど、ソチオリンピックでの演技は、勝負とか試合だとかそう言う事を超えて、純粋に無心に光を放っていた。
「ちょっ、これは反則でしょう?アボットぉ〜。ないちゃうよ〜crying

彼もこれが最後のオリンピック、今季限りの引退表明をしているけれど、最後にこんな素晴らしい演技が出来て良かったねと思いました。

女子シングルで感動したのは、何と言っても浅田真央選手だけれど、他はカロリーナ・コストナー選手。
SPのアヴェ・マリアの音楽表現の美しさ、そのエネルギーの美しさ、浄化力には圧倒されました。
当日の朝にジャンプを3Tー3Tから、3Fー3Tに変えて勝負に出てくるアスリート魂も。

彼女は世界選手権で何度も表彰台に上がり、10年近くもトップを維持している素晴らしい選手にも関わらず、オリンピックではトリノ9位、バンクーバー16位と言う結果しか残していなかった。
今回のオリンピックにかける思いは並々ならぬものがあったでしょう。

調子も良かったのだと思いますが、女子シングルの選手の中では誰よりも自信に満ちて落ち着いて、誰よりもオリンピックを楽しみ、その瞬間を味わっているように見えました。

ロシアの観客のマナーはお世辞にも良いとは言えず、完全アウェーの中、リンクのエネルギー状態も悪く(ロシアのライバルになるような選手の失敗を願うような低いエネルギーが渦巻いていた)、その中で、あの崇高な美しさ、彼女のスケートの一蹴り一蹴りで、低いエネルギーを片っ端から浄化して行くのが目に見えるようで、何とも素晴らしいスケート空間と時間を見せてくれた。
まるで、天使の軍団を召還しているような滑りでしたshine


つくづく、「真央ちゃんがソトニコワ選手の後ではなく、コストナー選手の後の滑走順だったらなあ。。。」と、思いましたが(あれだけリンクをキレイにしてくれた後だったら、あれほどの失敗はなかったと思います)、これも、また別に書きますが、「真央ちゃんのあの失敗は全て天の計らい事だったのだろうな」と、落ち着いた今は思います。

そして翌日フリーのコストナーのボレロ!
何ともゴージャスで自信に満ちていて、美しく、清楚な妖艶さとも言える濃密さを、高度な技術と完成度を持って見せてくれた。
最後のステップ、コレオシークエンスなどは、鳥肌ものでしたよ。


本当にこの人は、今、現在、この瞬間を楽しみ、高みを目指して飛翔すると言う事を同時にやっているんだと思いました。

「そんな瞬間って、これだけ凄いスケーターでも、一生に何度も味わえるものじゃない、それをこの人は現役最後のオリンピックの演技で、今、まさにやっているんだ」と思うと、何て凄い瞬間なんだろうと。

オリンピックで今まで良い演技が中々出来なかったコストナー選手が、これ程素晴らしい演技をしてくれた事に、長年のフィギュアファンとしては、ジーンとしてしまった訳です。



おっと、メインは大ちゃん、真央ちゃんについて書く事で、他の選手の事はさらっと流して書くつもりだったのに、つい熱くなってしまった。coldsweats01

大ちゃん、真央ちゃん編は、また後日に!
今日はもう遅いので、もう寝ます。

|

« 暴露の時代〜佐村河内氏のゴーストライター騒動に思う | トップページ | 【動画追加】ソチオリンピック 髙橋大輔選手 »

スピリチュアル」カテゴリの記事

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011072/55209898

この記事へのトラックバック一覧です: ソチオリンピック フィギュアスケート雑感:

« 暴露の時代〜佐村河内氏のゴーストライター騒動に思う | トップページ | 【動画追加】ソチオリンピック 髙橋大輔選手 »