« ☆明日からバリです☆ | トップページ | ☆リセット・リリース・リフレッシュ☆ »

2012年1月27日 (金)

バリ滞在顛末記~デング熱顛末記

あけましておめでとうございますhappy01sign01
と言う挨拶をするには、かな~り、遅い時期なのですが。。。

年末年始にバリに2週間ほど滞在して、とても充実した時間を過ごす事が出来たのですが、1月5日に帰国後、次の日から39度以上の高熱を出して、何と「デング熱」を発症してしまっていたのでしたcoldsweats02sign01
今回、風邪と併発していたため、デング熱だと自覚するのも遅くなり、高熱のピークが、三連休にちょうどあたっていたため、対応が遅れたし、やっと今週の半ば位から、普通の感覚で生活が出来るようになって来ました。


「デング熱」とは、何ぞや!?と、思った方はこちらのリンクを参照してください。
・ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%86%B1
・国立感染症研究所、感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k04/k04_50/k04_50.html


簡単に言うと、熱帯、亜熱帯地方で蚊を媒介にして感染する、高熱を発する感染症で、熱がなかなか下がらず、治りかけに全身の毛穴が真っ赤になってしまう病気です。
1回目は、ほとんどの人が死に至る事もなく、後遺症もなく治るのですが、2回目に発症すると、出血熱になったり、ショック症状を起こして、死に至る可能性が高まる怖い病気です。

留学時代から、デング熱になる留学生や長期滞在者は時々いたので、どんな症状になるかは知っていましたが、まさか自分がなるとは思ってもみませんでした。
デング熱になる人は、普段から身体も細く、食も細く、美人薄命タイプの方が多かったので、正反対のタイプの私は、まさか自分もなるとは思ってもいなかったのです~coldsweats01

今回は、風邪と併発していたため、初めは高熱が出ているのも、「インフルエンザか?、マイコプラズマか?」と思っていました。
しかし、38度以下に熱が下がらない状態が6日間続き、「これはただの風邪ではないかも?」と、思い始めた頃、朝起きたら全身の毛穴が真っ赤になっていて、「これは、まぎれもなくデング熱だ!」と、気がつき、紹介状を書いてもらって、順天堂大学病院に駆け込んだと言う訳です。

風邪も併発し、デング熱で弱っていたため、こちらも長引き、今週の初め位までは、咳をしたり、鼻をかんだり、夕方になるとふわふわ、フラフラしたり、と言う状態でした。
やっと、本来の体調に戻って来たため、今日は1ヶ月振りにヨガに行って来ましたhappy01
一時は、「どうなる事やらcoldsweats02sign02」と、すっかり弱気になっていた私ですが、もう、ほとんど大丈夫です。
こうしてブログをUpする気力も戻って来ましたしねgood

今回の年末年始のバリ滞在は、4つの踊りを習うと言う、濃いスケジュールを組んでしまったので、毎日、3つの練習、一日4~6時間は踊ると言う生活でした。
しかし、朝晩は、じっくり部屋で瞑想して、内観をたっぷりしたり、朝はヨガをする時間を取ったり、夜はウブドに来ている友人達と会食をしたりと、年末までは、忙しいながらも、自分のペースを保ちつつ過ごせていたのです。

それが、年が明けてバパ・クランチャの故郷、ジャグラグへ泊りがけで練習に行った辺りから、怒涛のようなバパのペースに巻き込まれ、限界までクビャール・レゴンの練習し、まるで自分が、ぎゅうぎゅうと絞られた後のレモンの絞りかすのようになってしまったような感覚の日々が3日間続きました。

ジャグラグのバパの家は、お世辞にもきれいとは言えないし、日本人の感覚から言ったら、やはり不衛生なのですが、出発前に「あのワイルドライフに、私一人で泊まりに行って、耐えられるんだろうか?」と、不安に思ったのですが、やはり、耐えられなかった・・・。

「ジャグラグのワイルドライフって何!?」と、疑問に思われた方は、昨年のジャグラグ滞在記をお読み下さい。

バリ滞在記 その5(怒涛のバパ・クランチャ練、ジャグラグ滞在編)
http://lakshmi-kumi.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/index.html

デング熱を媒介する蚊は、昼間に活動する蚊で、何回か練習場で蚊に刺されて、つぶしたのを覚えているし、昼寝する時にも、蚊が部屋の中を飛んでいる音がしていた。
でも、そんな事を気にかけている余裕がないくらい、練習に集中していたし、へとへとに疲れていたし、本当に油断していたのですね。

おまけにバパが鼻風邪を引いていて、スキンシップ好きのバパには、結構、今回もチュ~チュ~されていたし、練習する間はどっぷり側にいるしで、風邪もバパから移されたのでした。
バパ・クランチャ、恐るべしsign01sign01
本当にパワフルな愛すべきおじいちゃん、素晴らしい先生なのですが、何しろ熱血で、限界まで練習させるし、人の状態はあまり見ていなくて、自分のペースに巻き込んでいく人なので、油断するとすっかりエネルギーを吸い取られ、枯渇してしまうのですね。。。

また、今回習った踊りが、クビャール・レゴンと言う、ハードで体力を使う踊りだったのも、効いたのでしょう。
去年から習い始めたのですが、「今回、何とか、全部身体に入れて帰りたい」と、私もすごく集中して、普段だったらそこまでやらないという位まで、自分を追い込んで限界まで練習し続けたのですね。

デング熱にはなってしまったけれど、今回も本当に充実した滞在でした。
あまりにも練習に熱中しすぎて、ほとんど写真を撮っていないし、日記に書くほどの面白いエピソードは、他にあまりないのが残念ですが。。。
まあ、何と言っても、今回のバリ滞在の最大のトピックスと言えば、帰国後にデング熱になった事でしょうsign02
滞在中に発症しなかったのは、不幸中の幸いでした。

今回習ってきた踊りは、4月1日(日)のモンキーフォレストでのライブ、夏の阿佐ヶ谷バリ舞踊祭などで、発表して行く予定です。
また、今後の展開や、告知などは、改めていたしますね。

また、今回は震災や原発事故の情報に圧倒されっぱなしだった、昨年の疲れや、日本に起こった色々な事、自分自身の事、色々な事を見つめなおして、クリアにして、リセットしたかったのですが、ゆっくり瞑想の時間を取って、内観をして来たおかげで、その点は「ある程度、クリア出来たのではないかな?」と、思います。

日々、あふれ出てくる情報との付き合い方、自分自身が今後、どのようなスタンスで日々を過ごして行くのか、何を大切にしていくのか?
まだ、全てがスッキリ!と言う訳には行かないのですが、今後、ボチボチ、その辺りについても、書いて行きたいなと思いますwink

|

« ☆明日からバリです☆ | トップページ | ☆リセット・リリース・リフレッシュ☆ »

バリ島・バリ舞踊日記」カテゴリの記事

日常の事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011072/43876101

この記事へのトラックバック一覧です: バリ滞在顛末記~デング熱顛末記:

« ☆明日からバリです☆ | トップページ | ☆リセット・リリース・リフレッシュ☆ »